↑いつでも、どこでも、抜群の写真写りを誇る。う、うらやましい〜。

羽を広げると、かなり大きい。たいていの人は一歩後ずさる。

我が家の大鳥、ナンバー1の、ルリコンゴウインコ青ちゃん
その圧倒的な存在感で、アイドルの座揺るがず。

1999年に日本にやってきて、2002年5月に我が家にやってきた青ちゃんは、ウチの老父のお気に入り。
毎日、彼の止まり木を掃除し、餌を与えているのはワタシやのに。。。。(~_~;)
そう、コンゴウは、人を選ぶのだ。そして、我が家で唯一彼のオーディションに受かったのは、まったく飼育にノータッチのワタシの父だった。。。

彼がやってきたあと、ワタシはコンゴウに関する飼育本をむさぼり読んだ。(多くはないけど)
どれにも悲観的なことしか書いてなかった・・・。(~△~;)
あのクチバシで噛まれたら、いかに痛いか、とか、あのクチバシの破壊力がいかに大きいか、とか、あの声がいかにでかいか、とか、コンゴウを手放す理由はこんなにある・・・とか・・・。

しかし、病気で40日間入院し、その間彼をかまってやれなかった父はその座から転落。そして、第2オーディションに受かったのは、このワタシでした!
めでたし、めでたし。。。。。。(*^O^*)

 

     .